【楽庵 社長 ブログ】やっぱり涼しかった!!


P1230580  P1230578

【ヘチマ・麻はやっぱりスゴかった!!】

やっぱり、着物のファンデーションが、着物好きの方の「鍵」!!と確信。

検証結果をお伝えしたいと思います。

先日、32〜33度の炎天下のなかを、店長と僕で朝早くから、仕入で歩き回ってきました。

その日は、もう既に駅に向かう時から、蒸し暑く、それこそ、僕が最後に海外旅行に行った学生最後の旅で立ち寄ったシンガポールかと思う程の湿度。

ちょっと、動くだけで、湿気の壁があるような日でした。

少し動くだけで、額からは汗がしたたるような・・・中。

それこそ、あの三ツ星の「濱田屋」さんの前を通り過ぎた時は、水撒き用のホースを見て僕なんか、頭から水浴びしたいと思った程の暑さ。

更にいえば、建物の中に入るとクーラーが効いていて、外に出るとまた暑さが・・・というのは繰り返されると更に、汗は出るわけで・・・。

ただ、そうした中で、発見出来た事が!!

普通の帯板や枕なら、もう既に帯の内側はムレムレなのに、帯と着物の中に手を入れても

全くムレテいない!!!

もちろん、背中の帯枕の下もムレテいない!!!

汗をかかないわけではない。コレだけ暑ければ汗は当然かくわけで、

それを「気化熱」で涼しく感じるんだったと。無論、下着は「柳流の本麻」。

特にパッチ(ステテコ)は欠かせない!R0019690

 

正直、お客様のなかでも、このステテコの形や格好は、抵抗がある方も・・・。はんなりとした色気が「きもの姿」の美しさと思われている方は、抵抗があるという方も多い。

ですが、この暑さですので是非、一度お試しを!!

ちなみに「ヘチマの帯板」は、楽庵では、年間定番の取り扱いをしたいと、メーカーさんに、お願いしてきました。

P1230581 それも、ベルト付きが一番良いと確信!

着物と帯の間にヘチマをいれる事によって、

全くと行っていい程、蒸れない!

涼しさはもちろんですが、「着物」「帯」を傷めない!

お着物は、このムレて・擦れる事によって、「色落ち」や「擦れ」で着物や帯が変色したりして「染み抜き」のご相談を受ける事が多いもの・・・です。

きもの・帯を傷めない為にも、本麻の下着やヘチマの帯板・枕をお勧めします。

そして特に垂れもの友禅の染めの着物などで、汗染みを絶対に避けたい時のオススメは、

あしべ汗取り R0019699

「あしべ織の汗取り肌着」。

汗を完全に吸って、着物に染み出ないようにしたい時はコレ!

特に、写真にあるように脇についた「ベロ」がミソ!

茶道などお稽古をされる方で、真夏にフォーマルを着なければならない方には、欠かせません!

涼しさはもちろんですが、着物を傷めない為にも

「蒸散性(水分を蒸発させる力)の高い」天然の下着を!!

(今更ながら、実体験をもとに確信した事のご報告で・・・。)

 

着物・夏のクールビズ!! その2


こんにちは、東村山の着物屋・きもの楽庵です。
前回、ヘチマの帯枕をご紹介しました。
通気性の良いヘチマを使った商品は、帯枕以外にもあります!!
ヘチマ前板(ベルト付)です。
サイズは長さ45.0cm×幅14.5cmです。
帯は面積がありますから、今年の夏にはぜひ、導入したいアイテムです。

裏側は、ゴムのベルトがついていますから、装着は楽ちんです♪

“硬さ”がなかなか伝えられませんので、こんな写真を載せてみました^^;
中身はヘチマですから、それほど硬い訳ではありません。

ヘチマ前板¥3,150(込)

++====++====++====++====++====++====++====++
  

着物・夏のクールビズ!! その1


こんにちは、東村山の着物屋・きもの楽庵です。

昨年もご好評いただいたヘチマの帯枕が今年も入荷しました。
なんか、半衿みたいな形にして写してしまいました^^;

写真だと、生地が白いこともあり、少し飛び気味で見難いかとおもいますが、ヘチマはゴムで止まっております。
中のヘチマはもう一枚布でくるまれています。
そうそうズレることは無いかと思います。
取り出してもう一度入れるのは難儀しそうなほどに^^;
それゆえ、中のヘチマの写真を撮ることができなかったので、中のヘチマは去年の記事をご参考ください。(昨年のペー


本ヘチマ帯枕¥2,940(込)

++====++====++====++====++====++====++====++
  

 

【商品紹介】帯屋が作った紗の伊達締め!


昨日の「【商品紹介】小物を揃えて夏も着物を楽しもう!」の続き…

あらすじ:
きもの友達が暑いけれど夏着物を楽しみたいと言うので快適アイテムを勧めたら、ちょっと高いってんで、社長にお手頃価格で提供できないか掛けあってみた。

掛け合ったアイテムはこれ↓

『本筑 博多の帯屋が作った 紗の伊達締め』!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

3色3柄ご用意してます

3色3柄

暑さ対策アイテムですが、夏だけでなく冬の暖かい建物の中でも活躍します。カジュアルシーンなら通年アイテムだったりします。
伊達締めの位置って腰紐や襦袢、おはしょりや帯・帯締めなどなど、色々重なってやっぱり暑いですよね。それなら通年使えて快適アイテムで過ごせばいいじゃない。

この透け感を見よ!これだけで涼しげでしょう?

この透け感を見よ!これだけで涼しげでしょう?

紗だと使っているうちによれてくるんじゃない?と言われる方もいますが、なんのなんの。
うちの店長はもう4年間、1年中「正絹紗の伊達締め」しか使っていません。これが使うほどにしなやかになり、それでいてキュッと締まるとても具合が(・∀・)イイ!!と言ってます。

ぼく 「この素敵アイテム、素敵なんですけど少し高くないですか…(´・ω・`)」

社長 「あったりまえだろ?(`・ω・´)和装雑貨のメーカーさんじゃなくて、博多の帯屋が作った伊達締めだぞ?糸の質はいいし、織りはしっかりしてるし、品質からすれば安いもんだ!」

ぼく 「いやー、でもやっぱりぼくみたいなサラリーマンだと8,400円は結構痛い出費なんですよ…。でもみんな夏も着物楽しみたいんですよ。『夏は暑いから着ないわ…』という人が多い中、夏着物楽しんでくれてるんですよ!そういう人達を僕らが応援しなくてどうするんですかぁぁあぁ!!!」

社長 「わ、わ、わかったよ。落ち着けよ。好きにしていいよ。」

 

そんなわけで!

暑さに苦しみ喘いでいる着物スキーを応援する為に、このイチオシアイテムを社長が快く値下げ提供してくれました。(`・ω・´)ゞ

7月7日(日)まで、本筑紗の伊達〆が税込6,700円

紗の伊達〆 応援価格クーポン

紗の伊達〆 応援価格クーポン

購入時に「このページを印刷したものを提示する」 or 「スマホや携帯で提示する」のどちらかで、この価格で紗の伊達〆をお分けします。

#長襦袢用と長着用とに2本購入された方には、こっそりメッシュの腰紐もオマケでつけちゃいます。(もともと結構出てる商品なので、売り切れてしまったらごめんなさい。m(_ _)m)

ご来店お待ちしております~♪

 

社長 (´-`).。oO(給料から天引きしとくか…)

【商品紹介】小物を揃えて夏も着物を楽しもう!


休日に着物ともだちと飲んでいる時に出た話。

女性A「夏も着物か浴衣か着て過ごしたいのよねー。」
女性B「夏は麻でもやっぱり暑いよ?」
女性A「えー、でも着たいし…」

ってことで小物もちゃんと揃えてみれば違いますよ、という話に。

個人的イチオシアイテムは『紗の伊達締め』なんだけど値段を伝えたら高いっていうもんだから、そんじゃー安くしたろー!と朝から社長に掛け合ってた。掛け合った結果はページ最後に!

麻の爽快足袋。桜子色が可愛い。

『麻の足袋』 税込3,990円から。
四色揃えてます。桜子色や鳥の子色が可愛い。
男は無難に銀鼠?

→ «【商品紹介】小物を揃えて夏も着物を楽しもう!»” class=”continue-reading-link”> Continue reading «【商品紹介】小物を揃えて夏も着物を楽しもう!»