【きもの楽庵】江戸時代の復刻です!小千谷ちぢみの手付の江戸小紋が完成!


楽庵オリジナルの小千谷縮みの江戸小紋が、ついに出来上がりました。

本麻の小千谷縮み×金田 昇「極徳川鮫」江戸小紋

「小千谷教の教祖」と、お客様から称されるくらい小千谷縮をこよなく愛する楽庵の児玉と、染め物では、その一見では、大変さが分からないところに心血を注いで染められる江戸小紋が、「江戸っ子の粋」と思い、こちらもそのわかって貰える人にわかってもらえれば良いと潔い生き様の江戸小紋マイスターの金田朝政先生が、コラボして、ついに完成しました・・・・。

そのメリットは、お家で洗濯機でジャブジャブ洗えて、それでいて、着物の格式では、完全な礼装でも着れるというもの。

企画段階で、お茶の先生などにお話したら、そんな「江戸小紋出来たら、是非着てみたいわ!」と、まだ、全く出来るかどうか不安な段階から、反響はすごくて、自分でも上手く染めてもらえたら、本当に皆さんに喜んでもらえること間違い無し!と思っていましたから・・・・。

ただのフラットな生地ではということで、少しシボのある縮みの生地で江戸小紋を染めて頂いた金田先生には、本当に感謝ですし、金田先生のその技術力とチャレンジしてくれる姿勢は、敬服以外のないものでもないところです。

こちらが先日、名古屋からの高校の先生たちを連れて工房見学させてもらったときの金田先生です。

写真の着物は更紗なのですが、金田先生は、地引が出来ない他の作家さんのお仕事なども手伝ってあげてるすっごい方なんです。

本来ならば、自分のところの仕事だけでも手一杯なはずなのに、組合の幹部もされていることから、相談されることも多いらしく、かわいそうだからって、引き受けてあげちゃう優しい先生なんです。

だから、僕の無理難題みたいな案件も、頼られてやらなきゃ「男がすたる!」という男気のある江戸っ子なんです。(金田先生、偉そうなこと言ってごめんなさい。)

実は、一昨年から、江戸時代の殿様だって、麻に染め付けていたものを着られていたのですから、是非、麻の江戸小紋を着てみたいとの思いはあったのですが、一昨年は生地も手配できなかったのと、型紙にしても、通常の尺巾の型紙しかなかったので、男物を作るなんて到底無理な事だったのですが、昨年1尺1寸5分(43.5cm巾)の白生地を、ひょんなことから、僕が手に入れる事が出来て、それを金田先生に染めてもらって、紳士の生地幅の江戸小紋を染めていただいたことから、金田先生も型紙を徐々にキングサイズにも対応できる型紙を用意してくれて、今年は、小千谷の染め下地の生地も手に入れられたことから、今回の小千谷縮みの本麻のキングサイズの江戸小紋を作ることが出来るようになりました。

昨年染めた正絹の紳士物の江戸小紋がこちら・・・。

今朝、楽庵の着物好きな男性たちにご連絡して、既に2本が売れてしまいました。(嬉しい悲鳴です!)

今度は、僕の大好きな○吉の生地で染めてもらうことになっており、次回の小千谷縮み江戸小紋もワクワクします。

【きもの 楽庵】人気の源氏物語の仕立上り浴衣が入荷!


topここ数年、浴衣も古典柄が人気なのと、やはり、ちゃんと体に合わせて、

反物からお仕立てする方が、本当に増えてます。

そんな中でも、今年も大人気の東京本染「源氏物語」の紅型浴衣。

限定数ですが、

源氏物語「紅型調」浴衣の御仕立て上り品が、

入荷しました‼

thumb_IMG_1589_1024

thumb_IMG_1590_1024

thumb_IMG_1593_1024

やっぱり、この白地に藍や紫のすっきりした感じは、品のある女性らしさ漂う古典の良さです。

thumb_IMG_1591_1024 thumb_IMG_1592_1024

生地も、通常のプレタは、小巾の反物と同じ柄を広巾生地に染めて、海外縫製しているものが、
多い中、勿論、通常の反物を使い、縫製も日本製なのです。

thumb_IMG_1594_1024

こちらの萩の柄はS寸

 

thumb_IMG_1598_1024

白地だけでなく、地引染した、こんなあでやかな撫子の柄のものも…。

 

 

 

thumb_IMG_1596_1024

thumb_IMG_1595_1024thumb_IMG_1597_1024

こちらの2点は、ちぢみ加工を施した生地で、さらりとして、

 

P1230597 P1230591 R0019687_ 半衿付けて、麻足袋履いて、

05R0019748モレッティーの帯留して、

夏のきもの代りにお召し頂いても素敵!

Exif_JPEG_PICTURE
小粋
に紗の博多半幅帯を、キリッと羽をとがらせ、大人の女性のかわいらしさ・・・
なんてのも素敵♪

平成28年1月18日(月)きもの楽庵は、本日も営業しております!


 朝から雪掻きしまして、通常営業しております!thumb_IMG_0770_1024a

平成28年、今年初の積雪になりましたね…。
きもの楽庵のある東村山は、わりと、積雪があるもので、もう、雪掻きは、毎年の事!

楽庵は駐車場からのほんの30秒位ですが、歩いて頂くもので、駐車場も雪掻きします!

thumb_IMG_0766_1024a
最近は、大家さん若夫婦さんも手伝ってくれるので、完璧に雪掻きします!
今晩は、北風が吹くと言っていたので、凍ってしまうのが、一番怖いので、
綺麗に雪掻きして、コレで、明日以降も安心かな…と、ホッと一息です!

急ぎで、必要なことなど、どうぞ、お越しください!
意外と、実は、こういう天気の時は、じっくりと、相談できるって言ってくださって、
お客様いらして頂くものなんです!
(オープン以来、お客様ゼロだったのは…、2年前の豪雪の時だけなんです。)

楽に、雪掻きするための必需品がコレ!
雪ハネって言いまして、本来は、雪国で、屋根の雪下ろしなどに使うものらしいのですが、
毎年行く、志賀のスキー場地元の方が、コレ使ってたのを見てから、もう、15年近く
愛用してます!(腰を屈めないので、負担が無いんです!)
コレ、絶対便利ですよ…。
thumb_IMG_0771_1024a


thumb_IMG_0772_1024a

雪掻き終わって…、
スキー場のロッジの様な風景ですね…!(あースキーに行きたくなっちゃいましたっ!)

本日(平成28年1月18日)通常通り、
営業しておりますので、ぜひ、ご相談事ありましたら起こしください!

【きもの 楽庵】子供の浴衣ー切り売り販売開始します!


r_kodomo_yukata_gazou2

 

子供の浴衣…、できれば、自分で縫ってあげたい…というお母様やお祖母ちゃまからの問合せが、
結構あります。

昔は、百貨店にいけば、必ずといって在庫で置いてあったものですが…、
近年は、ネット販売の海外製のプレタに押されて、置いてないとのことで、
良く、問合せがあります。

ただ、近年、国産の子供ゆかたの生地も少量生産になって、結構のお値段がするもの…。

そこで、今年のきもの楽庵では、こんな事を始めました!

ちょっと手間がかかるのですが、需要があるのですから…、なんとかお答えしないと!
それが…

子供ゆかた生地の「切り売り販売」です!

それも着用に支障のないちょっとした訳あり品を格安で!

kodomo_yukata

P1280390 IMG_8475  P1280388  P1280386   P1280387  P1280385P1280391

 

IMG_7998←ほんのちょっとの染めズレ(にじみ)

IMG_7959←国産の注染なので、畳んでいたところが少し、
染料のにじみが…

IMG_7967←少し色移りが…

正直、お仕立てして着せたら、ほとんど問題ないレベルだと思います。

国産 注染 子供浴衣生地 (ほんのちょっとの理由あり)

1mあたり…なんと、580円より!!

是非、今年は、ご自身で縫った、浴衣をお子さんやお孫さんに着せてあげて下さい!


本日、5月30日『履き物相談会』で、

職人さんが来場します!

ぜひ、この機会に、ご相談に来てください!

履物お手入れ会・職人さん来場
「誂え草履の会」Title
呉服の日の特別企画として、履物相談会を「浅草 草履職人」が
本日、5月30日(土)に来場し、直接、お客様とお話しながら、
「誂え草履」を作ったり、履きにくいお草履のお直しのご相談や、
花緒をお客様の生地から誂えたり、修理などをお受けします。

先日16日の様子…

IMG_7914  IMG_0225

今回、一番人気が、コレ!
ちょうど今、国立博物館で開催中と、ぴったり時期もあったので…。
「鳥獣戯画」のお草履!
IMG_7893 IMG_7895

IMG_3527a IMG_3540a
こんな形で、お客様の御御足を見ながら、誂えるので、とっても履きやすいと好評です!

今回用に特別に誂えた『真綿入りのお草履』
惚れ惚れするような美しいフォルムですよね!
IMG_7769 IMG_7768

本パナマのお草履…。天が、ちゃんと草履用に編んだ本物です!P1280284 P1280283

 

江戸前ならでは、いまでは、数少ない凝った切り芯の洒落たお草履も…
IMG_7898
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
過去誂えられたお草履の数々…
IMG_1328 IMG_4969 IMG_4775 IMG_4202 IMG_3846 IMG_1552 IMG_3475 IMG_1925 IMG_4949 IMG_5588 IMG_0741 IMG_4516

また、こんなかんじで、お客様の生地から花緒をお誂えもします!
IMG_3372 IMG_1406
綺麗に柄が出るように、出来上がりの花緒をイメージして写真撮り!

IMG_3805 紳士ものも誂えられます!

IMG_3942 IMG_1555 IMG_2865
こんなバッグもお客様の生地からお作りできます!

今回は特に、草履だけでなく、下駄も豊富にご用意しました。こんな、『津軽塗』も…!
IMG_6850うつくしいでしょう…!

IMG_6855 IMG_6856

是非、ご来場下さい!