【きもの 楽庵】熟考した羽織の柄裁ち…


thumb_IMG_1422_1024

日本の繭だけをもちいた「純国産」の糸を使用し、丹後のビロード織の機で織りあげた
「純国産 天鵞絨 」の羽織。

昨年、製造したところから、買い取りを頼まれ…、
最初は、お付き合いのつもりで引き受けたのですが、

この生地が、本当に凄かった…!

結局、今年に入って、白生地含め、全部を扱わさせて頂くことに!

“とろーん”としたその生地風合い、
皺になりにくく、
そしてなにより…、
その光沢と色の深みに、すっかりと虜にされた…「純国産 天鵞絨」

今回、「一目惚れ」し、お仕立てをお願いされたお客様は、
以前にも、友禅で羽織を作らせて頂いた方。

約、5~6年ぶりにご来店され、実は、「きもの楽庵」が、外見からは想像つかないほど、
本当は、マニアックなこだわりの店だった(笑)ことに、感動されてご注文頂きました。
(※事実、ご紹介頂いて、お店に初めて来られた方で、外観を見て、「違うだろっ!」って
思われて、帰ってしまい、再度、お友達に促されて、ご来店される方も…(笑)

正直、期待にそぐわないようにという思いと共に、
さらに成長した自分の力もお見せしたい…
裁ち合わせでも、「今、持てる最大限」の力を出したろって!

「薔薇」が天鵞絨で織りだされたこの生地は、「薔薇」の花の向きがあるもので、
なんとか、それが、大事なpointでは、逆さ向かないよう…に、そして、出来うる限り、
柄が途切れることないようにと…。

thumb_IMG_1419_1024

thumb_IMG_1425_1024

特に、羽織は、「後ろ姿」が大切だと思うので…、
後ろ姿に重点おいて、
お太鼓の位置など、お客様の着姿を思い出しながら…。

thumb_IMG_1421_1024

衿の柄も、自然に左右とも、なんとなく繋るように…と。

thumb_IMG_1420_1024

さらに、この5年で学んだことで、羽織を、和裁の教科書とおりに計算して、
羽織の前巾・後巾などを割り出すと、
特にこのような「長羽織」のばあい、裾のほうで、背中心が、尖るように飛び出すのを
学習しているので、細身に且つ、
写真ではわかりにくいのですが、かなり裾すぼまりのお仕立てに。

ご遠方に行かれ暫くはご感想を聞くことが出来ないけれど、
きっと、そのシルエットの違いは、わかって頂けると信じて…、
納品させて頂きました。

最近、つくづく、感じるのですが、自分もいろんな学びをして、
良いものに触れて…、
初めて、実は、こんな思いで作ってくれてたんだな…なんて、感じることもあり、

着物屋って、つくづく、スタンスの長い仕事で、
今の僕がどこまで、たどり着けるのかな?って、
判れば解るほど、不安になるけれど、精一杯できることをやるしかないなって、思います。

今のスピード重視の社会と逆行してるって思うけど、
僕にはこれしかできないし、こんな事も大切かなって、思うのです。

ありがとう、ございました。      筆責  きもの楽庵  児玉哲也

タグ付けされた , , , , , , , . ブックマークする へのパーマリンク.

コメントは停止中です。