着物・夏のクールビズ!! その3

こんにちは、東村山の着物屋・きもの楽庵です。

足袋、夏場に履くと結構暑いですよね。
カジュアルな場であれば、レースの足袋もありますが、どうしても履いて行ける場所が限られてしまいます。
ならばいっそ・・・・
麻の足袋はいかがでしょうか?
通気性も良いですし、洗って翌日には乾いてしまう優れもの。
一度履いてしまったら、夏には手放せないかも?
サイズも22cmからあります!

麻足袋¥3,990(込)

++====++====++====++====++====++====++====++
  

【楽庵 社長ブログ】足袋の本場 行田へ!No.2

IZA! 日本の老舗足袋メーカー『きねや』さんの心臓部へ!

奥の一番古くからの工場へ・・・。

最初に驚いたのが、職人さんたちの誰もが、

笑顔でそれぞれに挨拶してくれる事!

正直、仕事場に入り込む事自体、ほんとうなら、自分のテリトリーに入ってくる

よそ者のような対応をされても仕方ないはずなのに・・・。

 

みなさん、手を止めて、僕の顔をちゃんと見て「いらっしゃいませ!」と。

さすが、一流ってのは、こうしたところに出るものだ。とまずは驚かされる。

 

まずは、目に入ったのが、足袋の底型の多さ!

それぞれ、足袋の種類によって、形状の型が違い、さらにはサイズ毎に、その数、数百もの「鉄の型」がずらりと。

早速、実際の型抜きを見せてくれる・・・。(生地裁断をしている職人さんが手を止めて、案内してくれている若社長の「中澤」さんに、「お見せしましょうか。」と。)

 底の型抜きを見せてくれる職人さん。

次は、コハゼを止める紐通しをつける行程。

特殊な機械に、生地をセットしはさむとヒダヒダが、底に撚り紐を引っ掛けると・・、

 

あらら・・・、あっという間に、紐が縫われている。ほんと、熟練の技。

 こちらは、コハゼ付け。

型枠にコハゼをパッパッとセットしミシンで止める。本当、リズミカル!

 表地と中生地で袋縫い!

だんだん、足袋らしくなってきました.

そして、僕が「足袋の命」とも言える指先の加工。

ここで、履き心地、美しさが決まる!

中澤さん曰く、「指のカーブの角度に合わせて、右手でダイアル・ハンドルをまわして、左手は生地を回転させる。これが、難しいんです。」・・・と。

この特殊なミシンは、日本ならではの特殊なもので、[海外製]の安価な足袋は、普通の「平縫いのミシン」でヒダを寄せるので、履きづらいと。

 この垂直に立った「ヒダ」の美しさ。

そうだよ。そうだよ。だから、履いたときに、足の形が、指の形が、丸みを帯びて美しい。これぞ、「日本の技術」です。  そして、なにより、優れたものは、「美しい」

たった一足の足袋を作るのに、約10人位の職人さんが、その行程にあう機械を使って作り上げる。こんな気持ちのこもった履物を履かせて頂いてると・・・、思わず感謝。

仕事中なのに、皆さん、僕が近づくとその行程を快く見せてくれる。(ほんとに、邪魔してないかと、ビクビクするものの、好奇心旺盛な僕だから・・・。)

本当に、みなさん、お手を止めてゴメンなさい。でも、本当に「感動」です。ありがとうございました。

やっぱり、僕は「着物屋」として、日本人ならではの職人さんの「心」と「プライド」のこもった足袋を履こうと思う。

こんな履きものを、毎日履いてる「日本人」って凄いと誇りを感じます。

 

「きねや」さんの職人さん・中澤 若社長 お忙しい中、本当にありがとうございました。

++====++====++====++====++====++
東村山の着物屋・きもの楽庵
Twitter  、 Facebook もやっています!
++====++====++====++====++====++

【楽庵 社長ブログ】足袋の本場 行田へ!No.1

 15年、ずっと愛用の『ひも足袋』

 

【足袋】着物とは切っても切れないもの・・・・。

毎日のようにお世話になっている履き物・・・・。(写真は、僕が15年間愛用している足袋の原型の「紐たび」です)

解っているつもりでしたが、その実、どこで、どのように作られているか・・・、全く知らなかった。

過日の定休日に、僕は行田に車を走らせ、行ってきました。

東京から車で、1時間半。

老舗の足袋メーカーの「きねや」さんに!

ドキドキする心を、押さえて、玄関をくぐると出迎えてくれたのが、

超カッコいい兜・・・。

あれれ、「岩槻の人形屋さんでしたっけ。今日の訪問は・・・。」

足袋の相談に来たはずが・・・。

詳しくは、次のブログで・・・・。

++====++====++====++====++====++
東村山の着物屋・きもの楽庵
Twitter  、 Facebook もやっています!
++====++====++====++====++====++